3Dプリンターの気を付けること|3Dプリンターの特徴と選び方を理解しよう

3Dプリンター選びで気を付けることを知ろう

3Dプリンターの気を付けること

3Dプリンタ

3Dプリンターの選び方

現在3Dプリンターは数多く販売されていて、メーカー同士の技術を競い合っています。それでも3Dプリンターを選ぶ時に自社の用途に合っていないものを購入しても、利用しない機能や特徴があると勿体ないです。今や種類もかなり多くなっているので、どの3Dプリンターを選べばいいのか分からない方が多いでしょう。

本格的な印刷は業務用のプリンターで

一般的に商用や業務に3Dプリンターの導入を考えている方は、業務用の3Dプリンターの購入を検討されている方が多いと思います。ですがここで気を付けて欲しいのが、本格的な試作を行なう前に精度にこだわらなく、想像しているアイディアをプリントしてみたいという用途であれば、業務用の3Dプリンターをプリンターではなく、安価な3Dプリンターでも可能です。

造形方式や材質で決める

3Dプリンターをプリンターには多くの造形方式があります。これには熱溶解積層法、光造形法、粉末焼結法、インクジェット法、粉末積層法の合計5つがあります。造形方式が変わってしまうと利用することの出来る材質も変わるので、確認が必要です。それぞれの製造方法に特徴があるので、利用する用途に合わせて選びましょう。