業務用プリンターの印刷方法|3Dプリンターの特徴と選び方を理解しよう

業務用3dプリンターの特徴とおすすめのプリンター

業務用プリンターの印刷方法

3Dプリンタ

業務向けの3Dプリンター

業務用として販売されている3Dは歴史が長くなっています。あまり知られていませんが1980年台にはすでに実用化され始めていていました。自動車や航空機の部品などを制作する目的で製造業者が開発部門などで多く利用されていました。製造業界では認知度が高い造形装置でした。

業務向けの特徴

個人利用向けの3Dプリンターは、お手軽に3D印刷物を作ることの出来る熱溶解積層法が、主に利用されていますが、業務向けに販売されている3Dプリンターは、インクジェット方式や光造形、粉末石膏造形など色々な造形方法が採用されています。ここからはユーザーの満足度の高い業務用3Dプリンターをランキング形式で紹介していきます。

人気の業務用3Dプリンターランキング

no.1

ProJet 460Plus

ProJet 460Plusはとても簡単に再現性の高いカラーモデルを素早く作ることが出来ます。ストップモーションアニメーションなどの様々な用途に利用可能です。印刷方式はJettingで加工する素材は石膏になっています。印刷速度が1時間で23mmなので早い方となっています。

no.2

ProJet 3500 HDMax

ProJet 3500 HDMaxはマルチジェットプリンタテクノロジーにより丈夫で上質なプラスチックパーツが使われています。この3dプリンターは他の3dプリンターと比較してみても大きめなうえに、高速プリントモードを搭載しているのでプリントの効率スピードを上げたい方におすすめです。

no.3

Objet260 Connex3

Objet260 Connex3はひとつのプリントジョブで広い範囲にあるマテリアル特性を繋げることにより、透明度、耐久性、硬度、カラーを自由に変えることが出来ます。印刷方式がポリジェット方式で造形可能な範囲が3×25.4×20.3cmになっています。プリンタヘッド数が8となっているのが特徴です。

no.4

ProJet660

3D Systems カラージェットプリンタは、商用模型店や建築の分野でも活用することが出来ます。印刷方式がポリジェット方式で加工素材が石膏となっております。解像度が600×540dpiになっているのを活用出来る方におすすめです。造形サイズも25.4×38.1×20.3cmと大きめになっています。

no.5

Objet30 Prime

Objet30 Primeは12種類のマテリアルに対応しているという柔軟性が特徴になっています。なので特殊になっている物ものなど様々な物をプリントすることが出来る唯一のデスクトップ3Dプリンタになっています。印刷方式はポリジェット方式になっていて、造形範囲は4×19.2×14.86cmになっています。