家庭用3Dプリンターと業務用3Dプリンターを比較してみよう

様々なプリンターがある

今現在発売されている、プリンターには様々な種類のものがあります。紙を京セラのトナーなどを利用して印刷するプリンターだけではなく、ラミネートを行なうラミネーター、パソコンでデザインしたものを作り出す3Dプリンターというものがあります。3Dプリンターはまだ広く利用されているとは言えないので、選び方を分からない方が多いと思います。

3Dプリンターを正しく選ぼう

3dプリンターには主に家庭用のものと業務用のものに分けられます。家庭用の3Dプリンターは数万円からというとても安価な価格帯のものもあります。ですが業務用の3Dプリンターだと数百万円から数千万円ととても高価になっています。業務用は工業の分野で試作品をつくったりと精密さが求められるので、とても高価になっています。

家庭用と業務用3Dプリンターの比較

家庭用3Dプリンター

家庭用の3Dプリンターは価格が低い代わりにプリントして出来上がるもののクオリティが業務用の3Dプリンタープリンターに比べると低くなっています。採用されている印刷方式が、熱溶解積層法となっています。利用する機会が少ない場合は印刷を代行している業者もいるので、そちらを利用してた方がいいでしょう。

業務用3Dプリンター

業務用の3Dプリンターをプリンターは、価格が高いです。その分とてもクオリティの高い印刷物が出来ます。家庭用の熱溶解積層法に比べると精密な制作が可能になっている光造形、インクジェット方式、粉末石膏造形などの造形法があるので、自分達の使用用途に合わせたものを選ぶことが可能になります。

更に細かい選び方

個人の趣味で利用するなら家庭用の3Dプリンターで十分ですが、工業の分野での利用となると、業務用の3Dプリンターを購入するべきです。ここからは更に細かい業務用3Dをプリンターの選び方を見ていきましょう。

[PR]

京セラのトナーの注文
気軽に購入できる価格を紹介 3dプリンターの生い立ち
注目されている理由をチェック! 3Dプリンターの申し込み
人気の製品を事前に確認! ビジネスフォンをリースしたいなら要チェック!
優良業者がすぐに見つかる☆

3Dプリンター特徴

プリンター

精度を確認する

精度にも結合部分がちゃんとはまるかどうかという機会的な精度と、積層した跡がなく表面が滑らかになっているかという意味があります。精度を表すために、積層ピッチがよく利用されますが、実際には精度を表すための指標のひとつであって、積層ピッチがすべてではありません。

積層ピッチが細かくても精度が上がるわけでは無い

積層ピッチが細かくなれば、斜面を形成する時に積層した跡が目立たなくなり、精度がよくなったように見えます。ですが積層ピッチが細かくなっていても、各層で少なからずズレは出て来てしまいます。また積層ピッチを細かくすればするほど、制作にかかる時間が増えてしまいます。なのであまり時間を掛けたくなければ、積層ピッチが低いものを選びましょう。

大きければいいというわけではない

制作するものにより適している造形サイズが変わります。造形サイズが大きくなればなるほど、熱により反りや歪みが発生してしまう可能性が高くなります。場合によっては、大きい物を造形する際は分けた方が、上手くいったり造形サイズが足りない際には、斜めに配置することで、造形を成功させることできます。なので3Dプリンターは大きければいいという訳ではありません。